コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命

コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命

ガッキーこと新垣結衣で高視聴率発進
最近の低視聴率が多いドラマのなかで
新垣結衣がよくがんばりましたね

ドクターヘリは今、リアルの社会問題でも
全国で導入を検討されていて関心が高いのも
高視聴率に繋がったのかも

でもこれからが問題なんですよね
高視聴率が続けば引っ張りだこになるでしょう。

患者の搬送中に同乗した医師が治療を行う「ドクターヘリ」の全国的な配備を目指す「特別措置法」の完全施行から3カ月がたち、各自治体で導入に向けた動きが広まっている。

そんな中、3日にスタートしたフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−」(木曜後10・0)の初回平均視聴率が21.2%だったことが4日、ビデオリサーチ(関東地区)の調べで分かった。

 昭和59年からドラマ枠となった木曜10時台としては、初回視聴率で歴代7位。7月期の“木10”では歴代1位を記録した。また、同枠で初回視聴率が20%を超えたのは、昨年10月期の「医龍 Team Medical Dragon2」(21.0%)以来。

「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命」は、ドクターヘリという最新の救命医療の現場を舞台に、NEWSの山下智久(23)、女優の新垣結衣(20)らが出演。山下ふんするフライトドクター候補生の医師・藍沢らの葛藤を描く。瞬間最高視聴率は、藍沢が「オレは名医になる」と言って去っていくシーンで25.4%だった。

 好スタートを受け、山下は「より実際の救急の現場に近づけるよう、キャストのみんなで一生懸命に取り組んでいきます。回が進むにつれて、それぞれの研修医の心の変化にも力を入れていきたいです」と、第2回放送以降も充実した内容にすることを誓っていた。

コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命これからが問題です。

★新垣結衣をもっと見る


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。