恋空

恋空がTVドラマ化されTBSテレビ系で放送されます。
テレビでの恋空は、8月2日スタートです。

携帯小説から高校生の間で話題になり
多くの人が涙を流した究極の純愛ストーリー携帯小説恋空、
映画でもヒットした「恋空」がついにドラマ化!


TBS系で連続ドラマ化される「恋空」(8月2日スタート、土後7・56)の主演が、1000人以上のオーディションを経て決定した。昨年大ヒットした映画版で女優、新垣結衣(20)が演じたヒロイン、美嘉役は、モデルの水沢エレナ(16)が選ばれた。恋人のヒロ役は、「仮面ライダーキバ」でブレークした若手俳優集団、D−BOYSの瀬戸康史(20)を抜てきした。

 狭き門を突破して、感動ストーリーを演じきる。携帯小説で注目を集め、映画版では314万人を動員した「恋空」。ドラマ版の主人公、美嘉を演じるのは水沢だ。

 美嘉役、ヒロ役のオーディションは、3月から約3カ月間にわたって実施。TBSによると、書類審査では一般人を含めて1000人以上の応募があったという。特に、美嘉役は普通の女子高生の設定。演技経験の少ないタレントを中心に、担当プロデューサーが500人と面談。演技チェックを経て絞り込んだ。

 気の遠くなるような選考の結果、大役を射止めた水沢は連ドラ初主演。上品で清楚な雰囲気からティーン誌「セブンティーン」の人気モデルとなり、同世代の女の子に絶大な支持を得ている。

主演は
田原美嘉 … 水沢エレナ
桜井弘樹(ヒロ) … 瀬戸康史
が演じます。

「恋空」はケータイ小説サイト・魔法のiらんどに掲載され、
中高生を中心に多くの読者を得て、話題になった作者・美嘉の作品。

普通の女子高校生が、想像を絶するような悲しい出来事を
いくつも経験しながらいちずに愛を貫こうとする純愛物語だ。

単に高校生の初恋を描くだけではなく、2人を見守る家族の温かさ、
生きることの大切さ、友だちとのやりとり、等身大の出来事など、
身近なエピソードを通して現代の青春像を紡ぎだしていく。


内容

ふつうの高校1年生の田原美嘉(水沢エレナ)は、
ある日突然、見知らぬ男子にキスをされる。

それは同じ高校に通う1年生の銀髪にピアスの
桜井弘樹(=ヒロ・瀬戸康史)で、別にカノジョがいると言う。

大切なファーストキスを予想もしないカタチで迎えてしまった美嘉は傷つき、
ショックを受けるが、ヒロがカノジョとキスをしている姿を目撃して、
なぜか胸が痛くなった。

ヒロとのキスを忘れたいと思う美嘉に、
ともだちは新しい恋をするのが一番だとアドバイスするが、
すでに美嘉の恋心は自分が気付かないうちに激流のように流れはじめていた……。

テレビ恋空のスタッフ、キャスト

原作: 美嘉
脚本: 渡邉睦月
演出: 今井夏木、松田礼人
出演: 水沢エレナ、瀬戸康史ほか


コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命

コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命

ガッキーこと新垣結衣で高視聴率発進
最近の低視聴率が多いドラマのなかで
新垣結衣がよくがんばりましたね

ドクターヘリは今、リアルの社会問題でも
全国で導入を検討されていて関心が高いのも
高視聴率に繋がったのかも

でもこれからが問題なんですよね
高視聴率が続けば引っ張りだこになるでしょう。

患者の搬送中に同乗した医師が治療を行う「ドクターヘリ」の全国的な配備を目指す「特別措置法」の完全施行から3カ月がたち、各自治体で導入に向けた動きが広まっている。

そんな中、3日にスタートしたフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−」(木曜後10・0)の初回平均視聴率が21.2%だったことが4日、ビデオリサーチ(関東地区)の調べで分かった。

 昭和59年からドラマ枠となった木曜10時台としては、初回視聴率で歴代7位。7月期の“木10”では歴代1位を記録した。また、同枠で初回視聴率が20%を超えたのは、昨年10月期の「医龍 Team Medical Dragon2」(21.0%)以来。

「コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命」は、ドクターヘリという最新の救命医療の現場を舞台に、NEWSの山下智久(23)、女優の新垣結衣(20)らが出演。山下ふんするフライトドクター候補生の医師・藍沢らの葛藤を描く。瞬間最高視聴率は、藍沢が「オレは名医になる」と言って去っていくシーンで25.4%だった。

 好スタートを受け、山下は「より実際の救急の現場に近づけるよう、キャストのみんなで一生懸命に取り組んでいきます。回が進むにつれて、それぞれの研修医の心の変化にも力を入れていきたいです」と、第2回放送以降も充実した内容にすることを誓っていた。

コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命これからが問題です。

★新垣結衣をもっと見る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。