プロポーズ大作戦最終回期待はずれやん

ついに最終回!!

気になるあらすじは…おもんなかった
おもんなかったから
長澤まさみちゃんの画像載せます。


岩瀬健(山下智久)が、強引に吉田礼(長澤まさみ)を連れて来たのは、二人が出会った小学校

懐かしい風景と思い出の中で、しばし二人きりで語り合う。

s-10代最後の生足1..jpg

パーティー会場では、多田哲也(藤木直人)が礼を探していた。

理由を知っている榎戸幹雄(平岡祐太)はごまかすが、
何も知らない鶴見尚(濱田岳)は、探しておくと請け合う。

そのころ奥エリ(榮倉奈々)は、バイト先のバーガー・ショーグンでパーティーに出かける準備をしていた。

そこで、ある物を見つけて驚き、会場へ急ぐ。


礼は健に「今までありがとう」といつになく素直に伝えた。しかし、

健はいまだに自分の気持ちを伝えられない。だが、

健はあることに気がついて・・・

ってこんな書きかたしたらおもんないのに
怒られるわ

しかしまぁ小学生レベルの最終回でしたね
がっくりしました、もうちょっとヒネリがホスイ

おもんなかったから
長澤まさみちゃんの画像載せときましたので怒るなや〜。

花のことばロンドンハーツ芸人恋愛小説

『芸人恋愛小説大賞』花のことば

今ちらっと片付けしているときに
ロンドンハーツのテレビがかかっていました
話しを聞いていると涙があふれてきました

テレビのアラスジは
最近の芸人小説ブームに便乗し、淳が「こいつに小説を書かせてみたら・・・?」と思う3人の芸人に、出版社の協力を得てニセの依頼を敢行!自分だけに依頼がきたと思い込んだ芸人の“先生”たちは小説を書き進めていく。

それから3ヶ月後、「出版記念記者会見」が開かれるということでやってきた3人の“先生”たち。しかし、そこで3人を待ち受けていたのは、記者会見ではなくドッキリネタばらしだった!
3ヶ月に及ぶ長期ドッキリの全貌が遂に明らかに!?3人の“先生”たちが書いた恋愛小説の衝撃の内容とは!?

もちろんヤラセでしょうが最後の内容にビックリ
仕事に恋愛と忙しく書けるはずもなく・・・

でも庄司智春(品川庄司) の作品(多分デキ)に涙しました。

可哀想な恋愛小説ですがすばらしいかったです。

今検索してもでないです。

タイトルは「花のことば」です。



別冊カドカワで掲載するらしいけど
ドッキリとはいえすばらしかったです。

今思い出しても涙がでます。

小説のアラスジは

片思いの彼女の誕生日に花言葉に愛する気持ちを込めて
プレゼントの花を贈る決心をしたのです。

彼女の誕生日・・・

しかし彼はその当日事故で亡くなってしまうのです。


その花の花言葉は、あなたを愛してます。

届けられた花の花言葉の意味を知った彼女は・・・

それから数年

毎年誕生日の日にお墓参りにいき花を添えます

その年の誕生日にも子供をつれてお墓参りにきました

毎年同じ花を供えに


その花言葉は


あなたを忘れない・・・(*p_q)

プロポーズ大作戦最終回


プロポーズ大作戦の最終回は!!

1、健と礼の結婚式になる

2、ツルとエリの結婚式になり、多田と礼は結婚せず

3、多田と別の女性の結婚式になり、多田と礼は結婚せず

4、未来が変わらず(orタイムスリップを諦め)、多田と礼の結婚式のまま

5、その他

どれになると思いますか?
とヤフー知恵袋にありました、
色んな回答がありましたが私はこれを選びました。


1、だと思います。
そして実は礼も同じようにタイムスリップをしていた!

確か三上博史が「他にもタイムスリップをしている人がいる」
ような事を言っていたような気がします。

さてどうなるか((o(^-^)o))ワクワク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。